082-569-7525

(9:00〜18:00 日曜祝日休)

法律のいろは

2019年2月8日 更新労働問題のご相談

労働審判とはどのようなもので,どのような活用の仕方があるのでしょうか?

労働審判とは?

 従業員との間にトラブルがないのはもちろん重要ですが,状況によってはトラブルが生じることもありえます。そうした場合は無理に辞めさせられようとしている・給料(残業代)が支払われていない等様々ありえます。こうした場合に,本人・親族などとの話し合いの他に外部の組合(合同労働組合・ユニオンと呼ばれるところです)が交渉に乗り出してくる場合・弁護士からの通知が来て話し合いをする場合,都道府県の労働局の斡旋等様々な形があります。その中で裁判所を使った手続きとして「労働審判」というものがあります。

 

 簡単に言えば,迅速な解決を目指し,話し合いがつかない場合には裁判所の一応の判断があるものの,話し合いを促す制度ということができます。裁判所での手続きですし最終的には判断に至ることがありますので,言い分や証拠は出す必要があります。この手続きは裁判官の他に労働者側・使用者側一人ずつの合計三人の方が間に入り,言い分や証拠を整理しつつ話し合い解決を目指す(話し合いがつかない場合には判断を示す)もので,3回以内の日程で決着を目指すというものです。決着がつかず判断が示された場合でも,一定の期間内に裁判を求める申し立てをすれば裁判での決着を図ることになります。

 

 一般には従業員(元従業員のケースも多々ありえます)側から申し立てを受けるというイメージが強いですが,会社側から申し立ててこの手続きを使うこともありえます。例えば,会社側からも早期に金銭解決を念頭に話し合いを求めようとするものの場の設定がうまくいかない場合に話し合いの場を求める場合が考えられます。外部からの介入があって話し合いがうまくいかない場合には話し合いの場を設定する・労働基準監督署への訴えがあった場合に問題の拡大を防ぐ必要がある場合に話の調整役を置くという意味では有効性はあるものと思われます。

 ただし,金銭解決を念頭に話し合いによる早期の問題解決を図る場ですので,例えば,解雇が問題となっていて,その従業員の方が職場復帰に固執していて話し合いが進む可能性がない場合等,話し合い解決の見通しがつかないことが強く予想される場合には有効性が低くなります。

事業者としてはどのように臨めばいいのでしょうか?

 仮に申立てがされたので出頭を求められた場合に,まずはどのような態度で臨むのかをきちんと整理しておく必要があります。裁判所での手続きでは提出された言い分や証拠に基づき話し合い等が進められ,会社側としては金銭解決(残業代や給料の支払いなどでは支払いを求められることがあります)を求められる可能性が十分にあります。

 こうした中で,そのような解決を図ってもいいのかどうか等大きな方針を決める必要があります。話し合い解決が難しいのであれば裁判所の一応の判断の後に異議を申し立てて,裁判での解決を図ることになります。裁判では厳密に言い分と証拠を提出して判断を求めることになりますので,時間は相当程度はかかります。判断の見通しや時間面の問題・その他経営判断としての要素を踏まえて結論を出していく必要があります。

 

 また,話し合い解決の方向性を選んだとしても,対応の方向性とそのための言い分や理屈の整理・提出する証拠の整理などを行う必要があります。残業代の請求であれば,勤務時間がどの程度であるか(圧縮が可能であるか)・残業代の支払いを受ける立場かどうか・その他等を検討し準備をしておく必要があります。そうした点を踏まえて解決の案なども含めての準備が必要です。

 事前の書類の準備の他に,裁判所の手続きの中では事実関係を聞かれることがありますので,こうした質問への対応なども考えておいた方がいいでしょう。

 

 このようによく準備をする必要があります。

お電話でのお問い合わせ

082-569-7525

082-569-7525(クリックで発信)

電話受付 9:00〜18:00 日曜祝日休

  • Skype・Zoomでのご相談も可能
  • 夜間・休日相談対応可能
  • 出張相談可能

メールでのお問い合わせ

勁草法律事務所 弁護士

早くから弁護士のサポートを得ることで解決できることがたくさんあります。
後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。

初回の打ち合わせは、有料です。
責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。
初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込)

このサイトは最新のブラウザでご覧ください